どんな記録がギネス世界記録になるの?

ギネス世界記録となるための条件

ギネスワールドレコーズは、世界中で達成される記録挑戦の認定を行い、記録認定、データベースへの登録をしております。私たちは、世界記録に関する唯一無二の世界的権威であるための、また記録への挑戦者への公平な記録審査を提供するため、厳しいルールをもって世界記録を管理しております。
世界記録とは何か?
 
条件 :
ギネスワールドレコーズの命題の一つは、世界で競い合える舞台を皆様に提供することです。したがって、『ギネス世界記録』に該当するかは、まず以下の基準に照らし合わせて検討されます。
  • 計測可能であること | 最も速い、最も長い、最も重い、最も多い、など
  • 記録更新が可能であること | 他の誰かがその記録を更新することは可能ですか?全てのギネス世界記録は、世界中の誰もが挑戦でき、更新できる可能性を持っていなければなりません。
  • 標準化可能であること | 世界中の誰でも、同じ計測方法を取ることが可能ですか?
  • 証明可能であること | 記録内容を数値化し、それを証拠を用いて証明することは可能ですか?例えば、「一生に一度も水を飲んだことがない」という申請は、生まれたその瞬間から、独立した証人がずっと挑戦者に付きっきりで監視する必要があり、証明可能とは言えません。
  • 計測が1つの基準においてなされていること | 最も大きな絵画、という記録は認められますが、最も大きな絵画を描いた最も多くの人々、という内容は認められません。
  • 普遍性があること| 世界中において広く行われている、あるいは知られている内容である必要があります。あまりに特殊な内容や地域を限定した内容は認められません。
これらの条件を基軸に、審査が行われます。記録のアイデアを考える際には、これらの条件に当てはまるかをまずはご確認ください。皆さまのアイディア次第で様々なギネス世界記録に挑戦していただけます。
 
 
ヒント :挑戦結果の計測、計量、カウントができなければ記録にはなりません!
申請する前にご注意いただきたい点 :
  • 美しさ、優しさ、忠実さといった主観的な内容の記録の申請は数値で計測できない為、受け付けられません。
  • その他に、更新できない記録、容易な挑戦内容、一個人や地域に特定された特殊すぎる内容の記録も世界記録として認められません。
  • 記録挑戦の観覧者や動物に危害を及ぼす可能性のある内容の記録や不適切であると判断した内容の記録は認められません。
  • 原則、未成年には不適切であると判断した内容の記録につきましては16歳未満の挑戦者による挑戦は禁止しています。場合によっては、ギネスワールドレコーズは公式機関の協力のもと特定のスキルやスポーツの挑戦を認める可能性もあります。(→ということですよね??)
  • 他にご質問がある場合には「よくあるご質問(よくある質問)」のページを参照してください。