ギネス世界記録で地域活性|町おこしニッポン【公式サーポート窓口】インタビュー

『町おこしニッポン』挑戦者インタビュー|行田市の地域活性の記録挑戦事例

◎ ギネス世界記録で地域はどう活性化されるのか?

これまでにも、様々な地域で様々な団体が記録挑戦をしてきましたが、 な成功事例の1つとして挙げられるのは、 行田市の最大の田んぼアートの記録挑戦です。   ひとりの担当者が記録挑戦を思いついてから、 紆余曲折を経て、記録挑戦、記録達成に至るまで、 大きなドラマが繰り広げられ、 その結果、多くの人の心を動かし、 ギネス世界記録認定へとなったものです。 

★ 挑戦したギネス世界記録

記録名:「最大の田んぼアート」|Largest Rice Field Mosaic 
記録達成:2015年9月8日  
記録保持者:行田市
記録:27,195 m2

machioko

★ ギネス世界記録挑戦のリアル

☆ 「町おこしニッポン」挑戦者へのインタビュー 

行田市は地元のお米のPRのため 「最大の田んぼアート」に挑戦しました。 公式認定員による審査の結果、見事世界一と認められ、 NHKをはじめとする全国ニュースでも大きく取り上げられました。 町おこしニッポンの事例として、 挑戦の立役者となった 行田市「田んぼアートづくり体験事業推進協議会」の小林乙三さんに話を聞きました。

580_gyoda10a.jpg 

行田市の小林さん。同記録挑戦の立役者

 

Q. どんな経緯でギネス世界記録に挑戦したのでしょうか? 

行田市の田んぼアートは2011年に面積日本一になったとき、

どうせなら世界一を目指そうと、一人でギネスワールドレコーズに連絡しました。 「最大の田んぼアート」という記録カテゴリーを新規に認めてもらえたので、 市長に話したら、「やってみろ」と理解を示してくれました。 自然に生えた稲だけで 田んぼアートの色を表現しないといけないいうルールがあったので、 農家の方に、稲の栽培、苗の特徴の調査などでご協力いただきました。 ボランティアや田植え体験の参加者、 総勢813人にもご協力いただきました。

実は私たち、2013年にも記録挑戦を行い、 その時は失敗しています。  認定員を行田市に呼んで田んぼアートの審査をお願いしたら、 稲の生育不良で部分的に地面が見える部分があり、 認定になりませんでした。  これは厳しいなと。その時は悔しさを感じながら、 マスコミを前にリベンジを宣言しました。

2015年に念願叶って記録達成となった時は本当に嬉しかったですね。 公式認定員の方に「おめでとうございます」と言われた瞬間、 感極まって泣きたくなりました。  が、マスコミ対応とか色々あったので我慢しました(笑) 本当に嬉しかったですよ! 足掛け5年ですからね。    死ぬ思いで真夏の作業を皆さんと努力してきたので、 今回の認定はご褒美だと思っています。

800_H27.6.14田植え体験の様子1.jpg

Q. どんな影響や効果がありましたか? 

認定された9月は、世界一の田んぼアートを一目見ようと、

田んぼアートの前の展望台のエレベーターが長いときで 3時間20分待ちになりました。 1ヶ月で4万人超の来場者が訪れ、 前年の同じ月の4倍以上ですね。  諦めて入れなかった方もたくさんいたので、 実際はその倍くらいの方が来てくれたと思います。  折角の機会なので、 並んでくれる方に行田市の観光マップを配りました。  待ち時間を利用して忍城をの見学やしてくれた、 市内の商店や食堂に行ったりと、 観光スポットだけじゃなく 街中にも足を運んでくれる方が多かったです。  非常に良い町おこしになったと思っています。

次の年の田んぼアートの準備を始めたら、 認知度が上がったおかげで

田植えの申し込み者が殺到しました。 嬉しい悲鳴ですね。  正直、ギネス世界記録に認定されて、 ここまで効果が出るとは思っていませんでした。 稲刈りの様子もNHKの全国ニュースにも取り上げられました。

ギネス世界記録の認定後、 行田市の知名度がすごく上がり、 市民も喜んでくれています。 

 「行田市ってどこ?」と聞かれた時に、 「田んぼアートの世界記録を取った町だよ」 と子供たちも堂々と紹介できるようになりました 。 総勢813人にご協力いただいた 田植え参加者もやった甲斐があったと言っています。

580_gyoda18.jpg 

Q. これから挑戦する人たちへ一言? 

日本各地、世界各地で

ギネス世界記録を狙っている人がいることと思います。 不断の努力の結晶が世界記録となります。  目指すためには努力を惜しまないでください。 今回、私たちは、ギネス世界記録に認定されたわけですが、 世界一に認定されたからこそ、

これまで以上に努力をしなくてはいけないと考えています。  努力を惜しまないで、切磋琢磨して、 高い目標に向けて努力していけば、必ず報われるはずです。

580_gyoda_0a.jpg

★ まとめ

  • 行田市のひとりの担当者である小林さんが、「田んぼアートの面積」を考えたときに、頭に浮かんだのがギネス世界記録への挑戦
  • 2011年には断念、2013年には稲の生育不良で失格という紆余曲折を経て、足掛け5年という時を経て、ギネス世界記録へ認定
  • 地域の人の協力のほか、田植えボランティアだけでも総勢813人の協力を得ることができた。
  • マスメディアに多く取り上げられた結果、1ヶ月で4万人を超える来場者を動員し、田んぼアートの前の展望台のエレベーターが長いときで3時間20分待ち、という状態をつくる
  • 認知度が上がったおかげで田植えの申し込み者が殺到、 稲刈りの様子もNHKの全国ニュースにも取り上げられたこと等、行田市の知名度が高まるという現象も
  • 子供たち、住民たちの間にも誇りのような感情が芽生え、地域の絆、一体感が生まれる

※「町おこしニッポン」の詳細をお知りになりたい方は以下よりお問合せください。

『町おこしニッポン」お問合せ窓口