『 町おこしニッポン 』 プロジェクト

FAQ




Q1. 記録はどうやって調べられますか?  

毎年発売される「ギネス世界記録」の書籍や、弊社ホームページのトップ画面右上「検索する」から、記録を英語で検索いただけます。また、キーワードをご連絡いただければ、担当が近い既存記録をご紹介することも可能です。 

Q2. どういったものが記録になりますか?  

第一の審査ポイントは「測定・証明・標準化・記録更新が可能」であることです。個別の ご相談に対する正式なご回答は、申請いただいた後、弊社記録管理部からご連絡致します。 

Q3. 「一斉に○○を食べる最多人数」という記録は認められますか?   


残念ながら、記録カテゴリーとして受け付けておりません。食べ物のPRをご検討の場合、 例えば、食べ物を使用した最大・最長記録、モザイク画といった方向性が考えられます。

Q4. 記録のルールを確認してから申請することはできますか?   


ガイドラインと呼ばれる挑戦記録のルールは、申請後にご確認いただいております。

Q5. クラウドファンディングで資金を集めたり、スポンサーをつけても良いですか?   


ギネス世界記録への挑戦を目的にクラウドファンディングで資金を集めることは認められておりません。スポンサーをお付けになる場合は、情報の共有をお願いしております。事前確認の上、バックパネル等にスポンサーのロゴを入れることも可能です。ギャンブル・アルコール関連企業はお断りしておりますので、ご了承ください。

Q6. 記録を達成したら書籍「ギネス世界記録」に載りますか?   


記録は数万件に及び、本に載るのはその中の一部のみとなります。毎年編集の上、発刊されており、掲載記録は弊社編集部の判断となります。また、「ギネスブック」は過去の書籍名となり、現在は「ギネス世界記録」というタイトルになっております。

Q7. イベントの運営をサポートしてもらえますか?   


公式認定員はあくまでも挑戦に立ち会い、厳正に審査を行う者であり、イベントの運営サポートは行えません。例として、参加者の整列等は主催者自身で行っていただく必要がございます。

Q8. PRのためにメディアを呼んでもらえますか?   

弊社でメディアの手配は行っておりませんが、公式認定員が挑戦当日にメディアからのインタビューに答えることで、PR効果を高めるお手伝いをさせていただきます。公式認定員派遣サービスをご利用いただいた方には、プレスリリースで「ギネス世界記録R」の文言をお使いいただくことができます。

Q9. 記録挑戦の雨天延期はできますか?


雨天等のやむを得ない事情での延期は、公式認定員の移動日前にご相談ください。

Q10. メディアが取材に来た場合は、どう対応すれば良いですか?


事前に取材が分かっている場合は、ギネスワールドレコーズの商標利用をメディア向けに説明した「メディアガイドライン」をお送り致しますので、ご連絡ください。 

Q11. 公式認定証は追加オーダーできますか?


記録保持者からの公式認定証の追加オーダーは主催者用が1枚3000円、参加者の個人名入りのものが1枚5000円です。



Q12. 「ギネス世界記録認定」とホームページに載せても良いですか?


「ギネス世界記録R町おこしニッポン」というフレーズと「町おこしニッポン」専用のロゴを達成日から1年間お貸し出し致します。

記載内容は事前に弊社による承認を受けていただく必要がございます。詳細は担当者まで。

Q13. イベントの数か月前から告知したい場合はどうすれば良いですか?


挑戦日の三ヶ月前から「ギネス世界記録R町おこしニッポン」というフレーズ及び町おこしニッポンロゴを使用した告知は可能です。

Q14. 申請後に内容が認められなかった場合、申請料は返金されますか?


 申請料の返金は行っておりませんが、申請内容が認められなかった場合は、コンサルティングの上、代替案を最大4つまでご提案致します。

Q15. 支払いはどのタイミングで行う必要がありますか


 申請料のお支払いはガイドライン発行(記録の詳細なルール)を希望されるタイミングでお願いしております。お支払い確認後、記録管理部が申請内容の審査を開始致します。

公式認定員派遣費用のお支払いは挑戦日二週間前までにお願いしておりますが、派遣が正式に確定し、ロゴデータをお送りできるのは公式認定員派遣契約書締結後となります。

Q16. 公式認定員派遣の手続きはどのような流れですか?


挑戦記録のガイドライン(ルール)をご確認の上、派遣をご依頼いただいたのち、日時・場所等の確認をさせていただきます。その後、「認定契約書」と請求書をお送り致しますので、サインとお支払いの確認を以って正式に派遣が確定致します。


Q17. 認定までのスケジュールは?  


既存記録への挑戦の場合は、一か月前でも対応可能です。挑戦する記録が決まっていない場合や、新しい記録への挑戦を検討されている場合は、審査に時間がかかる可能性がございますので、挑戦二ヶ月以上前からの申請をお薦め致します。

なお、公式認定員の派遣をご希望の場合、スケジュールの確認が必要となります。例年、イベントが重なりやすい春・秋の週末や、お盆・年末年始付近はお気をつけください。申請内容が専門的で、専門家への確認や監査法人による証明が必要な場合、認定までに半年以上かかるケースもございます。


Q18. 公式認定員派遣の場合、派遣費用の他にかかる費用はありますか? 


飛行機・新幹線・特急列車といった長距離移動や宿泊費は別途ご手配いただいております。 また、海外送金の際の送金手数料はご負担いただいております。

公式認定員の派遣人数を増やす場合や、派遣日数を追加する場合は、内容に応じて追加料金が発生致します。  専門的な内容の申請の場合、監査法人等にリサーチをご依頼いただく費用が発生する可能性がございます。

また、挑戦される記録の内容やその規模によっては、公式認定員の他に監視員、証人、監査法人、測量士等をご手配いただくケースがございます。  ライセンス契約をご希望の場合は、ご希望の契約期間・メディア露出に応じてお見積りをお出し致しますので、ご相談ください。


※「町おこしニッポン」の詳細をお知りになりたい方は以下よりお問合せください。

『町おこしニッポン」お問合せ窓口