グローバルメンバー

ギネスワールドレコーズは、世界各国のスタッフとともにギネス世界記録ブランドのグローバル展開を行なっております。
本ページでは、弊社スタッフのなかでも、各国オフィスの主要メンバーを紹介したいと思います。

弊社は、世界一の記録を公平に審査する機関として、世界各国から4万件の記録を預かり、各国にて公平公正なサービスを提供してきております。これらの記録審査の活動を行なうため、またブランド展開を行なうため、ロンドン、ニューヨーク、中国、日本、ドバイに支社、オーストラリア、インド、ラテンアメリカ、ドイツなどをはじめ、各国に代表オフィスを拡げております。

なかでも、本社が拠点となるロンドンにおいては、70名以上のスタッフが編集、デジタル戦略、コンテンツ作成、お客様のサポートに携わっています。当社がグローバルに展開する記録管理部では、このロンドン本社を主導に、絶え間なく申請される記録破りを正確に審査・管理しています。


グローバルスタッフ


Alistair Richardsアリステア・リチャーズ
グローバル・プレジデント


ギネスワールドレコーズにおける代表であり、総括責任者。グローバルFMCG(一般消費財)産業とエンタメ産業において、30年に及ぶマネジメントを経験し、コルゲート・パーモリーブ(健康と美容商品を取り扱う160億ドル企業)、ハズブロ(グローバルに玩具・ゲームを取り扱う40億ドル企業)で上級職を歴任。ギネスワールドレコーズにおいては、持続的にイノベーションの創出を図りながら市場をリードする地位を維持。同ブランドのサービの多様化およびグローバルなリーチ展開など、様々な角度からブランド価値をみつけ、新たな価値創造に従事している。


Alison Ozanneアリソン・オザンネ
チーフ・フィナンシャル・オフィサー


2008年にギネスワールドレコーズに入社して以来、財務、IT、法務、人事のプロフェッショナルサービスを管理。ギネスワールドレコーズの日本、中国、中東におけるグローバル展開を支援して、成功に導く。英国勅許公認会計士の資格を生かしてコカコーラUKにて最初のキャリアを築く。ギネスワールドレコーズへの入社前9年間は、同資格を生かし、ヴァージン・リテールにて海外子会社の売却を監督するヨーロッパ会計監査を任務し、総売上高5億ドルを超える30社以上の子会社の連結会計を担当するグループ財務マネージャーを歴任している。


Sam Fayサム・フェイ
SVP グローバルブランド戦略担当


世界4ヶ国にあるギネスワールドレコーズ支社のグローバルマーケティング活動を統率。任務は、マーケティング、PR、デジタル戦略、コンテンツ作成、ソーシャル、モバイル、新興テクノロジー分野など広範囲にわたる。ギネスワールドレコーズにおける10年に及ぶキャリアの中で、アメリカでの活動の先陣を切るべく、ニューヨークに転勤。ムック本や書籍の出版にとどまらず、Electronic ArtsやEidosなどのコンピュータゲームを使ったマーケティング活動も統率している。


Marco Frigattiマルコ・フリガッティ
SVP レコーズ


記録部のシニア・バイス・プレジデントとして、ギネス世界記録の全タイトル、記録管理部および記録審査部のグローバルな責任を担う世界で最も独創的な専門家の1人である。2003年にギネスワールドレコーズに入社する前は、7言語を流暢に操る言語的背景をベースに、マーケティング・コミュニケーション分野で成功したキャリアを築いた。


Peter Harperピーター・ハーパー
SVP アメリカ


MBAを取得後、20年以上にわたり北米で出版分野の経験を持つ。アメリカ支社のシニア・バイス・プレジデントとして、南北両アメリカにおけるギネスワールドレコーズの活動の責任を担う。出版分野のキャリアはMBIに始まり、収集品出版部門で国際ライセンシングやダイレクトマーケティングの腕を磨いた。その後15年にわたって、Time に勤務し、5000万ドルの新製品開発や事業革新の先頭を走った。


Rowan Simonsローワン・サイモンズ
SVP グレーター・チャイナ


2011年にギネスワールドレコーズに入社し、中華圏の責任者として中華圏内で行われるビジネスの監督責任を担う。25年以上中国に住んでいるため、国内のメディア産業に強く、豊富なキャリアを活かしている。1997年には、中国大陸で当時は珍しかったメディアサービスに特化したメディアコンサルタント会社、CMMインテリジェンスを設立し、同会社は現在もB to B(企業間)向け出版を引っ張る存在である。このほか、OMIグループの会長も兼任し、国際的なメディアコメンテーターとして評判が高い。


Nadine Causeyナディーン・コーセー
SVP EMEA & APAC


出版および小売業界を中心に23年間セールスプロフェッショナルのキャリアを構築。1995年に書籍の出版業界に入った彼女はアシェット・グループのオリオンブックスを経て、2005年にギネスワールドレコーズに入社。現在も世界100ヶ国、22言語にわたる同社の出版販売を率いており、毎年恒例で出版されるギネス世界記録の本は、世界で最も売れている著作権のある本としての地位を依然として譲ることはない。


Erika Ogawa小川エリカ
VP ジャパン

2008年に日本担当のビジネス開発マネージャーとしてギネスワールドレコーズに入社。記録破りのビジネスを日本で展開するとともに、同社の商標価値を守り、高めることを任務とする。出版、商標ライセンシング、マーチャンダイジング、メディア露出という新たなビジネス機会を得て成功を収め、日本支社は10名を超えるチームに育っている。2012年にギネスワールドレコーズジャパンの代表となり、同国での活動をリード。