ギネス世界記録60周年インタビュー menu


60周年について

2015年、ギネス世界記録は60周年という節目を迎えました。我々は世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースに登録されているギネス世界記録の数はおよそ4万件。書籍『ギネス世界記録』は1955年に英国で初版が発行されて以来、子供への定番クリスマスプレゼントとして親しまれ、世界的ベストセラーとしてその名を知られています。
ギネス世界記録生誕の地の英国では60周年は、ダイヤモンドの年、祝典の年として特別な意味を持ちます。我々もまた、この60周年という特別な年を、記録挑戦者の方、記録保持者の方、全てのファンの方と共に、一年間祝っていきたいと考えています。

「ギネス世界記録60周年記念認定証」について
60年という節目の年に、人類やその技術の飛躍を表すような特に象徴的な記録や記録保持者に対し、改めてその偉業に敬意を表すために贈られる特別な認定証が「ギネス世界記録60周年記念認定証」です。100m走・200m走最速の世界記録を持つウサイン・ボルト選手や、史上初めて南北両極を経由した世界一周に成功した英国のラヌルフ・ファインズ卿など、世界中から選ばれた特に象徴的な記録保持者へこの「ギネス世界記録60周年記念認定証」をお贈り致しました。ギネス世界記録のこれまでの60年の歩みをご紹介している特設サイトがございますので、詳しい内容は下記バナーよりご覧ください。
※現在は英語ページのみの公開となりますが、日本語サイトも近日公開予定です。
 

60LinkBannerTo60special


「ギネス世界記録60周年記念認定証」日本人記録保持者
 日本からは、以下の4つの記録が「ギネス世界記録60周年記念認定証」に選ばれました。偉大な記録の保持者は、偉大な言葉を語ります。それぞれの記録のインタビュー記事をお楽しみください。

目次


「世界一長もちする単3形アルカリ乾電池」
EVOLTA(パナソニック株式会社)
Longest lasting AA alkaline battery cell – Panasonic EVOLTA (Japan)


1918 年(大正7年)に当時23歳だった創業者松下幸之助により創業。1935年(昭和10年)に会社設立。2008年に松下電器産業株式会社より現社名へ変 更。世界に名を知られる、日本を代表する総合エレクトロニクスメーカー。2008年にアルカリ乾電池EVOLTAを発売。乾電池を通じて、これまでに様々 なギネス世界記録に挑戦し続けている。
パナソニック株式会社のインタビュー記事はコチラから。



「エベレストに登頂した最高齢男性」 - 80歳223日
冒険家・スキーヤー 三浦雄一郎さん
Oldest person to climb Everest (male) – Yuichiro Miura (Japan)


1932年青森県青森市に生まれ。2003年にエベレスト登頂、当時の世界最高齢男性のギネス世界記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年、75歳で2度目、そして2013年に80歳にて3度目のエベレスト登頂を果たす。 

三浦雄一郎さんのインタビュー記事はコチラから


「史上初めてエベレストに登頂した女性」 - 1975年5月16日
登山家 田部井淳子さん

First Everest ascent (female) – Junko Tabei (Japan)

1939年福島県三春町生まれ。「女子だけで海外遠征を」を合言葉に女子登攀クラブを創設し、エベレスト日本女子登山隊の副隊長及び登攀隊長となり、1975年に女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功した。1992年には、女性として初めて7大陸最高峰登頂に成功するという偉業も成し遂げている。
田部井淳子さんのインタビュー記事はコチラから。



「レスリングオリンピック&世界選手権連続優勝最多回数(個人)」 - 15回(2014年9月時点)
レスリング選手 吉田沙保里選手
Most UWW wrestling world titles won by an individual – Saori Yoshida (Japan)


1982年三重県津市生まれ。女子レスリング55kg級の日本代表選手であり、金メダリスト。レスリング道場を開いていた父の指導の下、3歳でレスリングを始める。2012年9月、霊長類最強と言われたロシアのアレクサンドル・カレリン選手のオリンピック&世界選手権連続優勝最多回数記録(12回)を更新。男女通じて史上最多となり、現在も記録を更新し続けている。
吉田沙保里さんのインタビュー記事はコチラから。