ギネス世界記録 特別インタビュー : 国枝慎吾選手

❝人間の可能性は、全力で取り組んでこそわかるもの、見えてくるものがある。❞

書籍『 ギネス世界記録 2017 』掲載!

俊敏なモーションでコートに弧を描くプロの車いすテニスプレーヤーである国枝慎吾選手。彼は、「パラリンピックにおける車いすテニス(男子)最多優勝回数―Most gold medals won in Wheelchair Tennis by an individual (male) at the Paralympics」「車いすテニスシングルス最多連続勝利数―Most consecutive wheelchair tennis singles matches won (male)」の2つのギネス世界記録に認定されるアスリートでもあります。世界を舞台に圧倒的な強さを見せ続けるこの人物にその強さの秘密と、世界一を目指すということについてを聞きました。

kunieda-r2.jpg

まず、2つのギネス世界記録へ認定されておりますが、認定されての印象をお聞かせいただけますか?

誰もが知っている、栄誉あるギネス世界記録に認定していただいたこと、とても嬉しく誇りに思います。正直に言えば、ギネス世界記録の本は、読んだことはなかったのですが、テレビや他のメディアなどで拝見していると、凄く色んな世界一があるじゃないですか。本当に色々な人が、色々な発想で世界一になっているんだな、って、興味深く思っていて、そこに自分も認定して混ぜてもらえるのは、本当に嬉しいですね。

国枝選手は小学校6年生のときからテニスをはじめられて、続けてこられたと思うのですが、「努力すること」と「挑戦すること」の意味について、どのようにお考えでしょうか?

僕の場合は、最初に世界ナンバーワンの選手のプレーを目の前で観たときに、「僕はああはなれないナ」って、思ったんです。当時は、高校1年生でした。でも、今、そのときのことを思うと、そのときの自分の努力は、まだまだ生ぬるいものでした。でも、そこからコツコツと地道に練習していくことで、世界ナンバーワンの人との差が徐々に縮まってゆき、いつしかその人を越えて、そして、今、自分は世界のトップに立っているわけです。 はじめは、そのナンバーワンの選手と「一度は対戦してみたいな」という程度の気持ちからはじまって、実際に対戦してみると、「6-0で完敗」して、次に「1ゲームだけ取れた」ということになって、次は「3ゲーム取れた」となって、いつしか追い越すようになっていったわけです。基礎の練習を積み上げることで、自分も知らないうちにステップアップしているんですね。 そうすると、元は「まさか自分が世界一に」なんて考えもしていなかったのに、世界一との距離というものが見えてきて、「自分が世界一、一位になる」ということが感じられるようになってくるんですよね。そういう意味では、「努力すること」「挑戦すること」の先にある可能性というのは分からないものです。当時、自分でさえ、考えもしなかったことが、現実のものになってしまうわけですからね。

最初に「ああいう風になりたいな」ではなくて「ああいう風にはなれないな」と思ったというのが、凄く胸に突き刺さりますね。

まさか、自分がここまで来られるなんて、最初は考えてもみませんでした。ましてや、まさかあの選手に勝てるようになるなんて、思ってもみない。でも、やっぱり一歩一歩進んでゆくと、次第に見えてくるものが変わってきて、いつの間にか、逆転してしまうことも起こりうるのです。

その一歩一歩の積み重ねをしているときには、いろんな壁が出てくると思うのですが、壁を乗り越えるときに、ご自身が意識していることはどのようなことでしょうか?

僕が大切にしているのは、とにかく基礎練習なんです。基礎練習というのは、はた目に見たらつまらないものなんです。そのつまらない練習をいかに楽しむか? 僕の場合は、目的を持つことで、その練習を楽しんでいます。

kunieda-r1.jpg

国枝選手が「目的」と言う場合、国際大会で優勝するということになりますか?

いえ、ここで言う「目的」は、そういうことではありません。ひとつひとつの基礎練習の裏にある意味を明確にするということです。大会で優勝するというのは、その後にある「目標」になるのでしょうか。基礎が出来てくれば、後は、コツだとか試合の運び方だとか、様々な要素が絡み合って、勝利が生まれるようになります。

なるほど、それは例えば、「ここの筋肉を鍛えるため」とか「スタミナをつけるためのトレーニング」と言った「なんでこの単調な基礎練習をしているのか?」というものですね。「これ、何のためにやっている練習なんだろうな」という散漫な気持ちでは上達しないですものね。

はい。そうですね。

それにしても、今、国枝選手は圧倒的な強さを誇っていて、ずっと金メダルを獲られてきました。「世界一に立ち続けることの難しさ」や「勝ち続ける秘密」は、どんなところにあると思いますか?

1位になるまでは、上の選手に勝つためにはどうすればいいか? ということを意識しながら、上を目指すことができます。でも1位になったときに、目の前にあった人の背中が消えるのです。じゃあ、どうすればいいのか?となったとき、僕は自分自身を見つめました。たとえ1位になっても、完璧な試合なんてありません。 苦手なショット、苦手なコースを打たれて、やっぱりミスは出てしまう。振り返ってみるとやり残した課題が見えてくる。常に自分の中に何かを探している。常に何かを変えようと思っている。「対誰かの戦い」ではなく「対自分の戦い」。「1位という現状に満足しない」。そこに気がつけたことが、1位に立ち続けていられる秘訣なのかもしれません。

kuniedashingo_face

今、国枝選手には、目標になるテニス選手というのはいないのかもしれませんが、他のジャンル、スポーツなどでは、何かの参考にできたり、学ぶことができる人はいますか?

実は、僕の趣味は将棋なのですが、羽生善治名人からは刺激を受けています。幸運にも、先日、彼と対談する機会がありました。色々なお話に感動しましたし、彼もずっとナンバーワンに居続けている方ですので通じることも多く、とても良いインスピレーションを得られました。

羽生名人の中で印象に残った言葉は、どんな言葉でしたか?

「時代は変わる。だから時代に順応していくことが大切だ。将棋も戦法や戦術がどんどん変わってゆくので、それらを取り入れて、時代に合わせていく。でももうひとつ大切なことは、自分はこれなんだ、という自分のスタイルは持ち続ける。」というようなことを仰られていて、大いに感銘を受けました。

なるほど、「時代に合わせて自分を変えても、軸となる自分は保ち続ける」。テニスにも、他のことにも通底する印象的な言葉ですね。

はい。僕も、「自分のテニススタイルとは何なのか?」ということだけは忘れずに次を目指していきたいと思っています。

国枝選手にとっての次の目標とは、どんなものですか? 教えて下さい。

まずは、2016年のリオデジャネイロでのパラリンピックで金メダルを獲ることです。そして、2020年の東京オリンピックでは、有終の美を飾り、自分の集大成としたいですね。

最後に読者に、メッセージをお願いします。

皆さんが、何かを目指しているなら、諦めずに全力で続けてください。繰り返しになりますが、僕自身も、コーチでさえも、世界一に立つことができるなんて、考えていなかった。でも、日々の積み重ねが世界一との差を縮めてくれる。今、途中でやめなくて、本当に良かったと思っています。人間の可能性は、全力で取り組んでこそわかるもの、見えてくるものがある。僕はそう考えているのです。

kuniedashingo_content


 
2016年9月8日発売『ギネス世界記録2017』には、様々な記録を収録しています。詳細は、コチラへ。

JapanCover250