野球場よりも大きな、巨大な花の絨毯

2016年にメキシコで生まれた花の絨毯の記録を紹介しましょう。
メキシコ・モレロス州で126,000本の花による美しいギネス世界記録が樹立しました。

同記録の舞台となったのは、Jardines de Mexicoという庭園

ここに14,200平方メートルの花々が咲き誇り、一面が花のカーペットになったのです。
1万平方メートルというのは、100メートル×100メートルくらいの大きさで、野球場くらいの面積になります。

今回の記録は、その野球場のサイズを1.42倍したサイズと考えてもらえば、
ある程度のスケール感がイメージしてもらえるかもしれませんね。

記録タイトルは世界最大の花/植物の絨毯 | Largest carpet of flowers / plantになります。

クリスマスフラワーとも呼ばれる鮮やかなポインセチアを11種類以上使用しました。

Largest carpet of flowers3

1年という歳月をかけて形づくられた花の作品

この壮大なアート作品を生み出すためには、
花の植え付け、イメージデザイン、絨毯にするためのレイアウトを練るなど、
考案から作成まで1年の時間を要した
そうです。

 
Largest-flower-mosaicポインセチアが上手に配置されて、緑色、赤色、サーモンピンク、乳白色とコントラストを考えながら巨大なポインセチアの絵が完成したのです!

Largest carpet of flowers 1

ポインセチアの花がメキシコ原産であることを世界に伝えるために

実は、こんなに楽しく美しい記録挑戦でも、その目的は壮大なもので、
ただ単に、世界中にポインセチアの商業化を促すというものだけではなかったのです。
その真の目的とは、ポインセチアの花の原産がメキシコであることを世界中に周知させることだったのです。
確かに、そんな事実を知っている人は、ほとんどいないかもしれません。

ギネス世界記録に認定された色鮮やかな花の絨毯が完成するまでの動画をぜひご覧ください!
 
 そして何より、、「 世界最大の花/植物の絨毯|Largest carpet of flowers / plant 」の記録挑戦への取り組みは、
2014年以降、毎年冬に行うJardines de Mexicoの定番イベントなんですよ。
 
Largest carpet of flowers2
ギネス世界記録認定員カルロス・ロハスが記録認定に立ち合い、
メキシコ伝統のポインセチアだけでこのアートがなりたっていることを確認して、認定証を渡しました。
ちなみに、このポインセチアはメキシコネイティブのナワトル族によれば、「革の花びらの花(flower of leather petals)」という意味なんですって。

Largest carpet of flowers4

前回のこの記録はウクライナで達成され、その時の花の絨毯は13,075.1平方メートルでした。
世界中で挑戦されている同記録、ぜひ、日本からも挑戦する人が出てきてほしいと思うものです。

絨毯にまつわる、他の記録

日本にも絨毯の産地というのは、あります。「緞通」というのは、敷物のことですが、日本には、「日本三大緞通」があります。九州の佐賀県の「鍋島緞通」、そして関西、大阪の「堺緞通」と兵庫県「赤穂緞通」です。
こうした産地がギネス世界記録にチャレンジすることも、もしかしたら、あるのかもしれません。


さて、"carpet"という単語で検索してみると、花のカーペットの記録とカーペットの記録が色々出てきます。

中国で2011メートルが測定された「最長の花カーペット|Longest carpet of flowers」、イタリアで生まれたのは3,980平方メートルに及ぶ「最大の花びらカーペット|Largest flower petal carpet」、カーペットとは違うけどマレーシアで達成されたのは「最長のラグ|Longest rug」 、ドイツでは5.35キロに及ぶ「最長のレッドカーペット|Longest red carpet」 が測定、そしてまたまた中国では、「最も手織りされたカーペット|Most finely handwoven carpet」という記録などなどです。

皆さんも、「これだ!」というキーワードがあったら、
次の「ギネス世界記録を調べてみる」の検索窓から、ぜひ探してみてくださいね。 



[ 編集部 ]