ギネス世界記録の公式認定員たち

【 記録管理部について 】

記録管理部とは、ギネスワールドレコーズ社において、記録の調査、登録、管理を行うチームです。拠点は世界中に広がっており、ロンドン本社および、日本、ニューヨーク、中国、ドバイにオフィスがあります。記録管理部は、全世界で同一ルールのもと、公平に記録挑戦が行なわれるための世界記録の一貫性、質を保持するのが重要な仕事で、各国のメンバーは、記録にまつわる情報、定義を頻繁にコミュニケーションし、アップデートし続けております。以下で紹介する公式認定員は、同部の管轄下で記録挑戦イベントなど、現場で認定を行う活動に従事しております。

【 公式認定員について 】

公式認定員は、ギネスワールドレコーズという組織において、"厳格さ”、そして”公平さ”をもって、地球上にある「世界一」を認定していく役割を担っております。世界中で行なわれている記録への挑戦全てを公平に、平等に扱う必要があるため、公式認定員は専門の訓練を受け、「ガイドライン(ルール)としての適切な定義」を探し出し、記録のレフェリーとして、人々の挑戦に向き合う役割を担っています。


【 公式認定員インタビュー 目次 】

◆第1回インタビュー : 石川佳織/ 世界中で数多くの記録認定の現場に立ち会ってきた日本人として初めてとなる公式認定員の頭の中は?

180_kaoru_B

◆第2回: グリナズ・ウカソヴァ/ カザフスタンに生まれ、世界に暮らし、6ヶ国語を操る才女が見つめる世界とは?

180_guka_B

◆第3回: 小池真理子/ 公平性と客観性の大切さを強調する小池真理子が語る「挑戦することの価値」とはなにか?

180_mariko_B

◆第4回: 彩 マクミラン/アメリカ人の父と日本人の母の元に生まれ、ふたつの文化背景のもと、日本に暮らす彼女が、「世界一」や「記録認定」に向けるのはどんな眼差し? 180_aya_B


【 公式認定員派遣に関して 】

挑戦当日、テレビやラジオ、新聞、雑誌などのメディアの方が取材にいらした際には、審査前・審査後に公式認定員がインタビューに答えることも可能です。

※注意: なお、ギネスワールドレコーズから申請内容を認められた場合のみ、公式認定員を派遣することができます。事前に日程等のご相談を受けることは可能ですが、まずは申請をしていただき、記録カテゴリーが認められるかどうか、記録管理部の審査を受けていただく必要がございます。

⇒ 公式認定員派遣の詳細・お問い合わせはこちらへ

 

【 費用などのお問合せ 】

公式認定員派遣をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。詳しい資料をお送り致します。

※既に個人申請―優先サービス・法人申請をご利用いただいている方は、申請費用を差し引いた金額をご案内致します。

※なお、日本国内での挑戦の場合は通常、東京オフィスより公式認定員を派遣しております。挑戦会場までの往復交通費をご負担いただいている他、宿泊が必要な場合はホテルのご用意をお願いしております。