2016年のオリンピックを振り返ってみよう!

2016年リオオリンピックでは、多種目にわたり数々の世界記録が生まれました。ギネスワールドレコーズはオリンピックで素晴らしい功績を残した選手たちを称え、同オリンピックでギネス世界記録に認定された選手たちを紹介していきましょう。
 

男子400メートル最速記録|Fastest run 400 metres (male)

リオオリンピックの開会式で旗手を務めた南アフリカの花形選手ウェイド・バンニーキルク ( Wayde Van Niekerk )が、400mを43.03秒で疾走し、マイケル・ジョンソン(米国)の持つ世界記録を17年ぶりに破りました。 
 
 
  
マイケル・ジョンソンが1999年に43.18秒を走破して以来、ずっと破られないと思われていた記録でしたが、今回24歳のバンニーキルクが0.15秒を更新して「世界新」達成です。


ウェイド・バンニーキルク選手とは?

1992年南アフリカ共和国生まれのウェイド・バンニーキルク 選手(Wayde Van Niekerk、1992年7月15日 - )は、南アフリカ共和国代表として活躍する陸上競技選手です。2015年から一躍名を知られるようになった選手で、世界陸上北京大会男子400m決勝においては、43秒48を記録し優勝しています。これは、アフリカにおける新記録であり、世界歴代4位のタイムとして、陸上界では大きな話題となりました。そして、2016年の本エントリーで紹介したリオデジャネイロオリンピック男子400m決勝で世界記録を更新。マイケル・ジョンソン選手が持っていた記録を17年の時を経て破り、みごと金メダルに輝いたのです。これからがまだまだ楽しみな選手です。
 
 

ウェイド・バンニーキルク選手のこれまでの実績

  • 2016年 リオ(五輪)    400 m 金メダル
  • 2015年 北京(世界陸上) 400 m 金メダル
  • 2014年 グラスゴー, コモンウェルスゲームズ    400 m 銀メダル
  • 2016年 ダーバン     200 m 金メダル
  • 2016年   ダーバン     4×100 m リレー 金メダル
  • 2014年 マラケシュ    400 m 銀メダル
  • 2013年 カザン       4×400 m リレー 銅メダル
 
 
 2016年9月8日発売予定『ギネス世界記録2017』には、様々な記録を収録予定です。詳細は、コチラへ。
 

JapanCover250