ギネス世界記録の歴史

今では全世界で知られているギネス世界記録。全ては、ある議論から始まりました。

1950年代始め、アイルランドはウェックスフォード州で狩猟を楽しんでいた当時ギネス醸造所の最高経営責任者だったヒュー・ビーバー卿が投げかけたある質問――「 ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか? 」をきっかけに、世界記録を集めた本が誕生いたしました。

左から:ヒュー・ビーバー卿、ロス・マクワーター、ノリス・マクワーター

1954年、その時の議論を思い出したビーバー卿は、「一番を集めた書籍」を作り、町中のパブでのプロモーションに活用しようと思いつき、調査業務を行っていた双子のノリス・マクワーター、ロス・マクワーターに依頼をしました。そして、11月30日にロンドンの中心部にGuinness Superlativesを設立。

リサーチから始まった作業は、昼夜を問わず行われ、書籍刊行に至ります。もちろん、その本が後に世界中で評判となり、愛されるブランドとなることを夢にも思わずに……。

60年以上の時を経て、ギネス世界記録は、その名を世界中で知られています。毎年刊行される書籍『ギネス世界記録』は世代を超え愛され続け、毎年、ベストセラーとなります。また、書籍から始まったギネス世界記録は現在、イベント、デジタルプラットフォーム、ビジネスソリューションなどを通して、様々な商品とサービスを提供し、世界の皆様にお楽しみ頂いています。