steepest-street-header-2.jpg

美しい海岸や13世紀の城などが有名な、ウェールズのハーレック。この小さな町に新たなランドマークができました。

それは「最も急な街路|steepest street」。ハーレックの町を通る道「フォルズ・ペン・スレフ(Ffordd Pen Llech)」の勾配は37.45%で、ギネス世界記録に認定されました。

harlech-pano-view-edit-1.jpg

2.67 m 水平に動くたびに、高度が1 m上がるこの道。前記録はニュージーランド、ダニーデンにあるバルドウィン街で、10年以上記録を破られてきませんでした。

ニュージーランドの記録を知った住民のグウィン・ヒドリー(Gwin Headley)さんは、ハーレックの道の方が急だと思ったそうです。

街路の測定方法:この記録は通りのうち、最も急な10 m の距離においての勾配を競うものです。10 mの平均で測定してしまうと、一部分だけが極端に急で残りの部分が平坦である可能性があるため、10 m の部分においてどれだけ道が上がっているか・下がっているかを精密に測定する事によって、勾配を判断しています。

The start of Ffordd Pen Llech

「ある日車を運転していた時に、あの道で私の車がスライドして降りていったんです。全車輪がロックした状態でね。その時に、これは記録を更新できるんじゃないかと思ったんです。」

他の人たちと相談した末、記録に申請する事を決意したのです。

ハーレック地域を紹介するFacebookを運営しているサラ・バッドハムさんも、グウィンさんが急な道についての投稿を発見し、気になったそうです。「(グウィンさんの話は)合ってるかもしれないと思って、私も地域の人たちも、申請をバックアップする事にしました。」

グウィン・ヒドリーさん

坂道を認定するには、測量士による測定なども必要で時間がかかります。

「ギネスワールドレコーズは測量士の資格などの条件を細かく設定してきました。最終的に、グウィネズの自治体の測量士を呼びました。」

長い審査を経て認定の報告が来た時、グウィンさんは感激したそうです。

フォルズ・ペン・スレフが急な街路に認定されて本当に良かったです。これは「ウェールズで一番」だけではなく、「イギリスで一番」だけでもなく、「ヨーロッパで一番」だけでもなく、「世界で一番」なんですから。

ハーレックに住む人たちやビジネスを営む人たちにとって、この記録は非常に重要なものです。ハーレックを世界のステージに立たせる事ができました。

サラさんも「この場所で生まれて育った私にとって、こんな特別な事はありません。本当に素晴らしいです。」

記録達成を祝うサラ・バッドハムさん

世界記録に認定された道には、既に多くの観光客が訪れています。公式認定証の贈呈式が行われた時に、ベルギーのサイクリストがヒルクライムにチャレンジしました。

Belgian cyclist Uerslype Hendrik after cycling up the street

ハーレックの住民は、この記録をきっかけに観光客が増えると期待しているそうです。町でレストラン経営をしているグリン・ロバーツさんは「30年間住んでいて、世界遺産もあるし、とても美しい場所だと思っています。今回の世界記録は、観光客を呼び込むきっかけになりますし、良い事しかありません」と語りました。

町で「Seasons and Reasons」という店を営んでいるジェリー・ロバーツさんも「お城も記録も景色も持った町で、もうどの町にも負けません」と喜びを隠せませんでした。

gwyn-and-sarah-looking-at-cert.jpg