コロナ禍でも人を惹きつける 「オンライン記録」とは?

コロナ禍でもできるマーケティングや社内施策として、
「オンライン記録」が注目されています。

コロナ禍のライフスタイルの変化により、マーケティングや社内施策も大きく変わろうとしています。リアルイベントは自由が制限され、なかなか思うように企画を進められない企業や自治体の方も多いのではないでしょうか。そんななか、「世界一」という誰もが注目し、多くの人を動かす力のあるコンテンツであるギネス世界記録では、新しい施策として「オンライン記録」をスタートしました。

ギネス世界記録はリアルイベントでしかできない?そんなことはありません。「オンライン記録」なら、主催者や参加者がどこにいても、気軽に記録に挑戦することが可能です。

新商品の販売促進、町おこしや観光名所のPR、社員のエンゲージメント施策まで、「オンライン記録」はみなさんが抱える課題解決に 役立ちます。さまざまな中小企業や自治体、チャリティ団体、有名ブランドで活用されているのはそのせいです。コロナ禍でリアルな 現場に人が集まれない状況でも、多くの人を惹きつけ、人と人をつなぐことができる。それが、ギネス世界記録の「オンライン記録」です。

企業の
ブランディング

商品の
PR・話題づくり

町おこし・
地域活性化

町おこし・
地域活性化

リスクを抑えて、
どこからでも参加しやすいイベントが可能。

マーケティングや社内施策でギネス世界記録への挑戦を思い立った方も、「会場を借りるのが大変」「台風や雨で 中止や延期になる リスクが大きい」などの理由で断念された方もいらっしゃるかもしれません。特にコロナ禍にお いては、「集まる」こと自体を避ける 傾向もあるかと思います。

その点、「オンライン記録」なら、リスクを抑えながら、多くの人を巻き込んだ施策が可能です。また、挑戦しや すさだけでなく、 デジタルでコンテンツを共有しやすいことから挑戦後の拡散にもつながり、多くの方に知ってい ただくことができます。


オンライン記録の3つのメリット

  • どこからでもOK
    「オンライン記録」なら、物理的な距離を気にしなくてすみます。離れた場所 にいても、どこからでも同時に記録に挑戦できるので、国内はもちろん世界中 の人をつなぐことが可能です。
  • 参加しやすい
    スマートフォンかPCがあれば、誰でも簡単に参加可能。参加のハードルが低い ため、リアルイベントに比べて多くの人を巻き込める可能性が高くなります。
  • リスクが低い
    台風や大雪など天気リスクの影響も受けにくいため、イベントの延期や中止に ともなう連絡業務、キャンセル業務の発生などを抑えることが可能です。

「オンライン記録」では、
目的に合わせて6つのフォーマットをご用意しました。

では、どんな企画が可能かを具体的に見ていきましょう。ギネス世界記録の「オンライン記録」には、6つの種類 があります。SNSを使用するものから、リモート会議アプリを使用するものまで、新しいアイデアがたくさん生ま れつつあります。一つひとつご紹介します。

OnlineRecordsJP2

全員で同じ動きをしよう
グループパフォーマンス

zoomやTeamsなどのリモート会議アプリを通じて、全員で同じ動作を同時に行い、 その人数を競うフォーマットです。実際に会うことのできない離れた場所にいる 人たちがリアルタイムにつながることができるため、ファンや社員の一体感を つくる企画に適しています。

 

<アイデア例>

[商品PR] オンラインで新商品のドリンクを全員同時に飲む
[町おこし] オンラインで全員同時におにぎりを結ぶ
[社内施策] オンラインで同時にパズルを解いた人数


<ケーススタディ>

株式会社アウトソーシングテクノロジー様 [オンラインで同時にジグゾーパズルを解いた人数:1,141人]詳細
OSAKA MEIKAN(大阪府公民連携プロジェクト)様 [オンラインで同時におにぎりを作った最多人数:985人]詳細

OnlineRecordsJP3

参加者と一本の動画をつくろう
ビデオ・チェーン

動画のフレームの片側から反対側へ移動したり物を投げたりしながら、AさんからBさん、BさんからCさん…というふうに参加者をつないで1本のムービーにするフォーマットです。YoutubeやTikTokで作品としてシェアしやすいため、話題づくりにも最適です。

 

<アイデア例>

[商品PR] グラスで乾杯するアクションをつないでいく動画
[町おこし] 雪を丸めてを次々と投げてていく動画
[社内施策] 社員同士がハイタッチでつないでいく動画

OnlineRecordsJP4

見ている人を巻き込もう
ライブ配信

イベントのライブ配信を行い、視聴者の数を競うフォーマットです。誰もが見逃したくない歴史に残る瞬間を視聴者と共有することで、共通体験でつながることができます。新商品発売イベントや周年イベントなどに向いています。

 

<アイデア例>

[商品PR] 新商品発表イベントをライブ配信する
[町おこし] ワインテイスティングイベントをライブ配信する
[社内施策] 創立記念日に社員が乾杯するイベントをライブ配信する

OnlineRecordsJP5

同じテーマの写真を集めよう
オンラインアルバム

特定のテーマやポーズの画像や動画を1時間以内にどれだけ集められるかを競うフォーマットです。Facebook、Twitter、Pinterest、TikTokなどを活用。参加者の帰属意識を高めるとともに、拡散も期待できます。

 

<アイデア例>

[商品PR] 新商品発表イベントをライブ配信する
[町おこし] ワインテイスティングイベントをライブ配信する
[社内施策] 創立記念日に社員が乾杯するイベントをライブ配信する


<ケーススタディ>

中部テレコミュニケーション株式会社様[1時間以内にTwitterに投稿された短冊の写真枚数:545枚]詳細

OnlineRecordsJP6

すべての人が主役になれる
動画リレー

すべての参加者にスポットライトが当たるフォーマットです。zoomやTeamsなどのリモート会議アプリ上で、モデレーターの指揮のもと、参加者ひとりずつが事前に指定した動作をしていき、リレーのようにつないでいきます。

 

<アイデア例>

[商品PR] 商品を箱から取り出すリレーをする
[町おこし] 特産物の和紙を使った折り紙の鶴をリレーする
[社内施策] 社員が同じ言葉を繰り返し言ってリレーする

OnlineRecordsJP7

社会的な共感を集めよう
オンラインでの誓い

貴社のCSRやSDGsの活動に対して、世界中の人々から賛同を集めるフォーマットです。Facebook、Twitter、Instagram、Linkedinなどを活用。社会的なメッセージを発信するブランディング活動などに向いています。

 

<アイデア例>

[商品PR] 手洗い徹底のメッセージを集める
[町おこし] 新型コロナウイルスを乗り越えるためにステイホームするメッセージを集める
[社内施策] 職場での節水の意気込みのメッセージを集める


<ケーススタディ>

China Movie Channel 様他[オンラインで集まった応援メッセージ動画の数:10,752本]詳細

「オンライン記録」で
人を惹きつけるユニークな施策を。

そもそも、なぜマーケティングや社内エンゲージメントの施策として、ギネス世界記録を活用される法人や団体が多いのでしょう。

「世界一」という言葉は、いつの時代も人々の興味を惹きます。ギネス世界記録への挑戦は、多くの人を惹きつけ、挑戦という共通の目的をモチベーションにする求心力があります。商品PRや企業ブランドの醸成、話題拡散、長期的な認知向上など、さまざまなベネフィットにつながるのはそのためです。特に仕掛けること自体に透明性が求められ、あからさまに企業が関わりバズを起こそうとするとSNS上で「やらせ」と捉えられてしまうこともある今、ギネス世界記録のような高い知名度を誇るコンテンツは、公平であること、公式であることなどから、消費者や社員を純粋な気持ちで巻き込み、本気で関われるイベントとして活用することが可能です。

なかでも「オンライン記録」は、挑戦しやすさだけでなく、デジタルでコンテンツを共有できることから挑戦後の拡散もしやすく、多くの方に知っていただくことができます。いつでも、どこからでも、気軽に参加できる「オンライン記録」を、ぜひさまざまな施策にお役立てください。

まずは、はじめてみましょう。

誰でも世界記録を申請するのは初めてのこと。
法人・団体のお客さまが、安心して記録に挑戦できるように、
我々のコンサルタントがお手伝いさせていただきます。
無料でご相談にはお受けしていますので、気軽にご連絡ください。


どんな小さな疑問でも、ご相談ください。

ご相談・お問い合わせは
こちらから

成功事例からヒントを見つけてください。

法人・団体の
ケーススタディを見る