社内イベントで、強い絆を育む

「私たちも、世界一になれるかも…」

企業が直面する課題は多種多様。それらの課題を円滑なチームワークで対応し、業績を向上させるためには、エンゲージメントが必要不可欠です。エンゲージメントが強いと、社員一人ひとりが「組織へ貢献したい」、「チームの一員として頑張りたい」と思う気持ちも強くなります。

ギネス世界記録は60年を超える歴史のなかで、個人のみならず、団体や企業にも輝けるチャンスを提供してきました。“世界一への挑戦”という象徴的なアクティビティをきっかけに、社員が一丸となって同じ目標を目指すことで、チームに、そして組織に、「一体感」をもたらします。

今すぐ問い合わせをする

ギネス世界記録への挑戦を通じて、社員の団結力を強化しませんか?

今までの軌跡を祝い、次の節目に向けての一致団結を図るべく、世界一への挑戦を、周年イベントを始め、式典やカンファレンスなどで活用する企業が増えています。記録挑戦の内容を、企業の方向性やミッションなどに繋げることによって、社員に対するメッセージを肌身で感じてもらうことができ、“世界一への挑戦”という共通の話題を提供することによって、コミュニケーションを促進。そして、日常的ではない取り組みが、企業への関心が強まります。

社内イベントにおける、ギネス世界記録の特徴

  • 一体感の醸成
  • 全員で楽しく参加できる
  • 絆を深める機会が得られる
  • チャレンジ精神を刺激し、やる気や熱意(エンゲージメント)を生む
  • 社員との取り組みをPRできる
  • 同じ目的やメッセージを体感しながら共有することができる

ギネス世界記録への挑戦は、社のビジョンを全社員で共有し、未来に向けた進化への「第一歩を踏み出す」ことを象徴しました。新しいビジョンは、「『はじめて』をカタチにする会社。」自分達なら、ビジョンを実現できる!という決意を共有できた絶好の機会であったと思っています。

— 久武千枝氏 東京ガスⅰネット株式会社 人事・総務部

企業でギネス世界記録に挑戦するのは、社員の皆さんがいるからこそ達成できることだと思います。10年後も20年後も、「そういえば、ギネス世界記録に挑戦したよね」っていう話をいつまでもいつまでも忘れないで話題になると思うので、企業としてギネス世界記録に挑戦するのは良いことだと思います。 

— 山口悠雅氏 ホンダアクセス 商品企画部

ギネス世界記録に挑戦したのは、社員がひとつの目標に向かって全員で何かをやり遂げる喜びや達成感を共有したかったからです。達成後も、社員同士がこの話題で盛上がり、未だ熱は冷めておりません。

— 阿部裕悟氏 青森トヨペット株式会社 新車販売部課長